「ぬけ感」って何?

カラーブロック、

ノームコア、

フォークロア、

そして落ち感とか

こなれ感とかとか

ファッションにまつわる言葉って、

よく聞くけれども実態が分からない!

そんな言葉が多くないですか?


大人世代は

雑誌やTVで情報を集める時間とヒマもないので

ショップの店員さんがいきなり

「このカラーブロック、可愛くないですか~?」

なんて言葉で喋りかけてきたら

(面倒くさくて)逃げ出したくなります^^;


でも、知っておいても損はないんですよね。

恐らく今後も使われる言葉もあるし。

その概念が理解できると

「着こなし」が垢抜けることもあります。


そんな言葉の代表が「ぬけ感」。

雑誌「cancam」の解説を見ると

こんな風に説明してあります。

「ぬけ感」とは、

きちんとしていながらリラックス感があったり、

ナチュラルな雰囲気がある着こなしを表現するときに使われる言葉。

カッチリし過ぎてもいず、力が抜けすぎてだらしなく見えたりもしない、

適度に力が抜けたいい状態のこと。

また、適度に肌が見える着こなしに使われることも。

出典:http://cancam.tv/dictionary/



用語解説を読んでも、

イマイチ分かりづらいですね。

私的解釈だと、

「きちんとまとめすぎずに少し着崩す事。

 それも出来るだけ、肌みせの方向で、着崩す事」だと理解しています。


例えば、

きちんとまとまったスタイルとはこんな感じ↓

▲http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&KAT_BTGO=A81994_135_2015_A&SHNCRTTKKRO_KBN=0H

 

本来デザインされた通りに

しっかり「きちん」と「きれいに」着こなしています。

袖、足首、胸元まで、洋服で覆われているので

隙がなくかっちりした印象です。



そして「抜け感」のあるスタイルにだとこんな感じ↓

▲http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?KAT_BTGO=A80004_090_2015_03&SHNCRTTKKRO_KBN=R6&BELN_SHOP_KBN=100


首、手首、足首、

首のつくところを極力出し、

パンツは「ゆるさ」を感じるデザインに。

また、本来ならサファリ風ジャケットには

がっちりしたブーツやスポーティな靴を合わせそうなところを

ヒールパンプスで「きれいめに外す」。

こんな感じが「抜け感」なんだと私的には思ってます!



ただ、この○○感みたいな言葉って

人によってニュアンスが違ったり

時代とともに、使い方が違ってきたりで本当に難しい。


そして「大人世代」は

そんな言葉をやたら駆使するよりは

「あれ、これって、私が好んでやっていた着こなし?

あらあら、今、こういうの流行っているのね。時代が私に追いついたのね~♪」

くらいの方が、かっこいいです。確実に。


でも、繰り返しになりますが

知っていて損はないと思います。

あえて誇張はしないけど「知っている」のと

全く「知らない」のでは、全然違うので。

なので、そんな分かっている様ではっきりしない

「大人のためのファッション用語解説」を今後も時々、書いてみたいと思っています。


「これって何?」

そんな風に思われる言葉があれば

ぜひぜひ、コメント欄からでもリクエストくださいませ(*^_^*)

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!