2016年

6月

09日

素足に見えるおすすめストッキング

これからの季節、

ストッキングを履かない方も

多いかと思いますが、

美脚効果を期待すると

ストッキングは履いた方が

絶対綺麗に見えます!

冷房対策にもなります^^;

 

ただ、難しいのがストッキングの選び方。

いかにも履いてます!なモノを選ぶと、途端におばさんになってしまいます(>_<)

また、夏場はただでさえ暑いのに、暑苦しい足元を周囲にお見せするのも

スマートではないです。

 

そこで、求められるのが、

履いているのに素足の様に見てしまうストッキング。

そんな優秀ストッキングを、選び方のポイントと共にご紹介します!!

 

まずは、選び方の最重要ポイント1

ストッキングの糸にこだわろう♪

 ストッキングに使われる糸の主なモノは、ナイロンとポリウレタン。

その中でもおすすめなのが「コンジュケート」という糸のものです。

 

 

 この糸を使ったストッキングの代表が

「ランバンコレクション」のストッキング

ただ、コンジュケートで極細糸のモノって

ひっかけやすかったりします。

その割には、お値段が高い。

 

  

その点がクリアになるのが、

ナイロン糸のストッキング

 ←ATSUGIアスティーグ 透(540円)

これお値段を考えると

最も優秀ストッキングです。

サラっとしているので夏におすすめ!

つま先ヌードなのも嬉しいですよ(*^_^*)

 

とにかく、私のイチオシはこれです

続いてポイント2。

デニールの小さいものを選ぼう♪

 

デニールとは糸の細さを指します。

デニールが大きくなると厚手になり

小さくなる程薄手になります。

そのため30デニール以上を「タイツ」

30デニール以下が「ストッキング」と分類されている様です。

 素足感の出せるストッキングの糸は、15デニール以下のもの。

海外のレバンテやイビチなどは6~8デニールなので、かなり素足感が出ます。

 

ただ、お値段もそれなり^^; 

 

国産のものだと、Tabioから10デニールのストッキング↑が出ています。

 また、少々デニールは大きくなりますが

←こちらも、良かったです

 ブロンドールから出ているストッキング。

13デニールです。

フィット感が程よくて、洗濯にも強い!!

色さえ選べば履いてます!感はありせん。

 

最後のポイント3はこれ。

編み方にこだわって見よう♪

 

ストッキングの編み方には、ゾッキタイプと交編タイプがあります。

このうち透明感がでるのが「交編」。

今の主流がゾッキタイプなので、あまり売場ではみかけにくいのですが、

三越のオリジナルブランドに

 

この交編タイプのものがあります↓

             ▲ルコランフィスーパークリアタッチ(1080円)

 

さらりとした履き心地。

透明感があってクリアです。

履いてる感はなく、優秀なストッキングです。

 

以上がおすすめのストッキングでした♪

夏場は、これまで以上に、ストッキングに「素足感」が必要です。

足もとって案外見られてますよ。

綺麗な足もとで抜かりなくね(*^_^*)

 

【関連記事】

 

★オバサンっぽい足もとNG!素足に見えるストッキングはこう選ぶ

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!

☆春夏スタイルはこちら↓

☆秋冬スタイルはこちら↓