見た目の影響力

 

人は見た目で9割を判断する

と言われています。

人が何かを判断する場合、目から得られる視覚情報で9割を判断し、

残りの1割を、耳からの聴覚情報、手からの触覚情報、匂いや味などの嗅覚、味覚情報

などに頼るということです。

 つまり、人は目からの情報に左右されるものであり、

その中でも、「色」という刺激的な視覚情報に、一番影響を受けるのです。 

 

 

だから、色って大事なのですよ。

とくに洋服の色は大事。

例えば、ストールの色が変わると

印象がどう変わるかをごらん下さい。

 

例えば、ストールの色が、

黒色だとこんな感じです→

大人っぽくスタイリッシュ、

高級感があり

洗練された大人の女性のイメージ。

 

 

 

 

それを、

形は同じストールでも

色を黒⇒ネイビーにちょこっと変えると・・・

黒よりも、ソフトな見え方をします。

それと共に、知的な印象も出てきます♪

同じ人物でも、黒いストールの人よりは

「相談にのってくれそう!」な親近感がでてきて

ぐっと、近い印象になります!!

 

 

 

では、

黒⇒アイボリーに変えると

印象が、ぐぐぐ~っと和らぎます。

 

性格も優しいんだろうなとか、

素直な性格かなとか、

実際の所は分かりませんが、

あくまでもそういう「見え方」になるという事です。

 

 

印象が、ぐぐぐ~っと和らぎます。

性格も優しいんだろうなとか、

素直な性格なのかなとか、

実際の所は分かりませんが、

あくまでもそういう「見え方」になるという事です。

 

同じ人物でも

スカーフの色一つで

随分と印象は変わってきます。

そんな色の効果を、

上手に使っている方って案外少ない気がするのですが、

いかがですか?

 

効果的に使うと、

とても頼りになる「色の効果」、

いわゆる「色彩心理」の範疇のノウハウです。

コレ使わないのは、もったいないですぅ~~。

 

似合う色であることも大事ですが

色の効果はそれだけじゃないです。

どんな見え方をする色を使うのが効果的か?

そこを考慮して使うだけで、

色が味方になってくれます。

ちょっと試してみて下さいね!(^^)!

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!

☆春夏スタイルはこちら↓

☆秋冬スタイルはこちら↓