2016年

6月

24日

リボンが似合うからウェーブ?

骨格診断や骨格スタイル分析など

体型の特徴に注目して

似合う服を分析する診断が

このところようやく広がってきました♪。

 

 

 

そしてそれに伴ってストレート、ウェーブ、ナチュラルと言った、

タイプ分類に用いるワードや各タイプのイメージもじわじわと広まってきているのですが、

同時に不正確な情報も広がっているなと、ここ最近感じています。

 

 

例えば、ウェーブタイプ。

ウェーブタイプなら誰でも、

フリフリのフリルや大きなリボン、

ふっわふっわのサーキュラスカートや

ツインニットが「似合う」と思われているフシがあります。

 

まっ、ここまではよくても、

さらに進んで、ウェーブタイプなら誰でも、

上記の様なスタイルを「しないといけない」と思われている方もい

らっしゃる。

 

「ウェーブと診断されましたが、大きなフリルのブラウスは違和感が~(>_<)」

という声もよく聞きます。

似合う色もそうですが、似合うファッションも人それぞれ微妙に違うのです。

例えばウェーブでも、年代やお顔立ち、体型の違いによっては

フリフリでない洋服の方が「似合う方」も、案外多いです。

 また、いつも書いていますが、似合う服=着ないといけない服ではありません。

 

 

もちろんご存じだと思いますが、

骨格タイプをウエーブと判断する時は、

フリルやリボンが似合うからという、単純な理由だけで決めているわけではありません。

それよりもその方が、

ウェーブの体型バランスやウェーブの質感をお持ちかどうかを総合的に考慮して判断します。

フリルやフェミニンな装飾が似合うというのは、

その総合判断の中の一つのポイントにすぎません。

 

骨格診断でも骨格スタイル分析であっても

どうか、正しい概念をお持ちになって

 

上手に活用してくださいね(*^_^*)

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!

☆春夏スタイルはこちら↓

☆秋冬スタイルはこちら↓