40代からのアイメイクについて思う事

アイメイクと聞くと

今年流行の色はとか?

新発売のパレットは?とか

流行を楽しむものという印象があります。 

でも、流行の色=その人を綺麗に見せる色

ではありません。

 

というのも、いくら流行の色であっても 肌の色とあっていないと、

派手に仕上がったり、逆に疲れた印象に見えたりして

メイクアップではなく、メイクダウンとなります。う~ん、残念(>_<) 

 

そしてもう一つ、これは、30代後半以上の大人世代に限った話ですが、

色を足す事で、影が出来たり、シミ、皺が目立つから。

ある程度の年齢になると、お顔に影ができてきます。

特にまぶたの皺や窪みは見た目年齢を上げてしまう嫌な影ですね(>_<)

そこに、いくら流行の色とはいえ、

肌と合わない色や、肌より暗い色を足すとよけい影が強調され

見た目年齢を上げてしまうからです。

例えば、アイメイクで、ブラウンやボルドーなどの暗い色

ブルー、グリーンなど、肌の色素にない色、お顔に影をつくってしまう色。

例え流行色であっても、大人世代が使うには、ちょっと危険です。

 

 

 

 大人世代のアイメイクは、

*流行色でイメージアップする効果<影をカモフラージュする効果

*似合う色でイメージアップする効果<影をカモフラージュする効果

を狙うべきで、その方向にシフトする必要があるかなと思います。

 

その時のキーワードが「艶感」

影を目立たなくさせるには、ヒカリを足す必要があります。

どんなヒカリを足せば、自分の肌が綺麗に見えるのか?

ブルーベースとイエローベースの肌では

足すヒカリの種類も違います。

また肌質によっても、馴染むヒカリは違います。

 

とにかく、40代以上のメイクに欠かせない事は、

自分の肌を最上に綺麗に見せてくれるヒカリを見つける事

かなと思います。

そこを知っていると、アイメイクでイメージアップが叶う。

 

自分に似合う色味を知るより、

自分に似合うヒカリを知る事がが大切。

最近はそう思っています。

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!

☆春夏スタイルはこちら↓

☆秋冬スタイルはこちら↓