クリアなベージュと濁ったベージュ

最近つくづく感じるのですが ベージュ選びって難しいなと。

ブルーベースよりはイエローベースが得意な色。

・・・ではあるのですが、

イエローベースの人でも 自称「ベージュ苦手派」は案外多いです。

また、年齢によって 「似合うベージュが変わってくる」

そんな方も案外多い。

例えば、オータムの方。

オータムというと イエベで明度が暗めで、

くすみがOK! という特徴を持つのですが、

ことベージュに関して言うと

40代以降は、 オータムの方でも、

くすまないクリアなベージュにした方がいい!

そんな人 が、圧倒的に多いです。

クリアな色と くすんだ色の違い↓

 

 

明度に関しても同じように感じます。

いくら「暗い色」がお似合いのウィンターの方でも40代以降は、

漆黒のような黒よりも 少し明度を上げて行った方が 印象がよくなる人が多い。

「パーソナルカラーは一生変わりません」

教科書には、そのように記述してありますが やはり、

ちょこちょこ見直しは必要かと感じます。

理論とリアル。

今や、理論だけなら 本やネットで簡単に拾える時代です。

ただ、難しいのはその先。

それを、どうリアルに落とし込むか。

そこ、なかなか一人では難しいです。

一番肝心な部分なんですけどね。

・・ということで、

よろしければ いつでもお手伝いさせて頂きますので お声かけくださいませませ~~(*^_^*)

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!

☆春夏スタイルはこちら↓

☆秋冬スタイルはこちら↓