チークの色間違ってませんか?(似合うチークの選び方)

 

メイクテクニックに工夫を凝らしても、ブラシなどツールを工夫しても、

「な~んかなぁ、あか抜けないんだよね」って時。

メイクの色選びが間違っている事多いです。

中でも、チークの色が違っていると、なかなか垢抜けた印象にはなりづらいのです。

でも、チークと一言で言っても色んな色がありますよね。

売場では、数え切れないくらいの種類のチークが販売されているし。。。。

 

じゃ、どんな色をえらべばいいの~????

となった時、こんな風に段階を踏んで選んでみて下さい。

まずはこれ↓

売場のチークの色を

青みの強い色か

黄みの強い(オレンジっぽい色)色かで分けて考えてみます。

例えば上記のピンクでは

青み⇒ベビーピンク、フューシャピンク、チェリーピンク、ローズピンク

黄み⇒コーラルピンク、サーモンピンク

という様に分ける事ができます。

 

続いて、自分の手持ちのチークとは「違う色味」のチークを試してみて下さい。

例えば、手持ちにイエローベースのチークが多くて、

なんかパッとしてないなとお悩みなら、

青みのチークをテスターで試す。

 

手持ちのチークがブルーベースばかりであれば

イエローベースのチークを試してみる。

つまりは、手持ちとは反対のベースのチークを試してみて下さい。

 

それで、チークの色が肌に馴染んだら、それが似合うチークということ

 

 

メイクカラーのベースが違っていると

「なんかちょっとした違和感」がでます。

ただこの違和感、本当に、「なんかちょっとした」と言う感じなので

気づきにくいのです。

そこを気づくには、敢えて違いを意識して、試してみること。

ここにつきると思います。

 

似合うチークの色が分かると、

テクニックを駆使せずとも、メイク上手に見えます。

周りから褒められる事も増えます。

つまりは、似合う色が世界を変えますよ

ちょっと試してくださいね。

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!