2017年

3月

14日

パーソナルカラーの自己診断は難しい

パーソナルカラーを自己診断するサイトや

雑誌、書籍など色々とありますが、

わりと、「当たりにくい」です。

当サロンにお越し下さるお客様でも

自己診断とドレープ診断の結果が違う!!

とおっしゃる方はとても多いです。

 

サイトなどのパーソナルカラーの自己診断テストでは

いくつかの質問に答えて行くとシーズンが絞り込まれて、

結果が分かるものが多いのですが、正直答えに迷うようなものが多いです。

 

例えばこんな↓質問は判断に迷いますよね(>_<)

☑肌色が黄みがかって艶がある

☑肌色がパウダリーでピンク

☑瞳の色は明るいブラウン

☑瞳の色が緑がかったブラウン

 

例えば、自分の肌が、黄みがかっているのかどうかは自分で見極めるのは、案外難しいです。

なぜなら、日本人は黄色人種なので、基本黄みがかってます。

そしてここが一番のポイントかと思うのですが、

人は「思い込む」生き物なので、自分の肌が黄色いと思えば、そこに気を取られてしまい、

とても黄色い肌だと感じてしまうのです。(本当はそんなに黄みが強くなくてもね)

 

肌が黄色いかどうか、その黄色がどんな色味なのかは

多くの人と比べてはじめて理解できるもので自分ではなかなか、正確な判断ができないのです。

瞳の色についても同様。

瞳が明るいかどうかはよっぽど明るくない限り分かりにくい。

いずれにしてもm

肌が黄色いかピンクなのか?

瞳が明るいのか?暗いのか?

そのボーダーにいらっしゃる人にとってはとても判断しづらいという事です。

 

そしてこれも重要な事ですが

瞳が明るいからと言ってみんながみんな、

サマーやスプリングになるわけではありません。

色んな要素が絡み合っての「似合う色」。

ボディカラーの一つの特徴からだけ割り出すのは、とても困難だと思います。

 

とは言え、カラーリストに見てもらうにも、ちょっとなぁ~という場合ってありますよね。

そんな時に、まだ正解に近づきやすい「自己診断」の方法があります。

それは、フォーシーズンの特徴を持つスカーフを用意して

実際にお顔の下にあててどれが一番馴染むかを見極める方法です。

例えばこんな感じで用意します↓

上・左 フューシャピンクのストール(冬)

上・右 ベビーピンクのストール(夏)

下・左 からし色のストール(秋)

下・右 パステルグリーンのストール(春)

のような感じです。

実際にどの色をあてるとお顔がどうなるのか?

パーソナルカラーの答えはやはりそれが基本です。

なので、「色をお顔の下にもってくる」という動作なくしては、

自己診断も難しいのではと思います。

だから、面倒でも、原始的でも色をあてることが必要なのです。ホント面倒だけど^^;

私は、パーソナルカラーのセミナーの中で

ワークの一つとして「自己診断」を行ってもらっています。

以前は、よくあるようなテスト形式で

肌色は?瞳は?チークで似合う色は?とやっていたのですが

あまりにも、正解が出にくいので止めました^^;

変わって行ってもらうのが上記の様な方法です。

こちらで正答率が上がりました。確実に。

それでも、まだ60%程度で、当たる場合もあり、当たらぬ場合も・・・と言う感じです。

 

いずれにしても

「自分の事を、自分で客観的に判断するのは、とても難しい」ですね(>_<)。

自分の事が一番分からないのは自分なのかも知れません。

逆に言うと、自分で考えているよりも、

まだまだ魅力の可能性が眠っている事もあるかもしれませんよ!!

自分に似合う色やデザインの客観的な答えをおさがしなら

 

 

お手伝いさせて頂きますよ(*^_^*)

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!

☆春夏スタイルはこちら↓

☆秋冬スタイルはこちら↓