雑誌で見た口紅が思った色にならない理由

あの人がつけている口紅の色が欲しい!

友だちや雑誌のモデルさん、

あるいは女優さんなどの口紅を見て

似たような色を探しても、なかなか「コレ!」と

思うものがみつけられない!!

そんな経験はないですか?

 

誌掲載のものと同じメーカー、ブランドでもイマイチ「思っていた通り!」にはならない

というのはよくあるお話。なぜなら、人それぞれ特有の色素があるから。

唇には、唇で、頬には、頬で、その人独特の色素があるので、

同じ色の口紅を塗ったとしても同じ発色にはならないのです。

 

真っ白い紙の上に口紅で線を引いた場合と

生成りの和紙の上に口紅で線を引いた場合とでは色味が違ってきますよね。

まっ白い紙の上の口紅は、ほぼ見た目通りか、あるいはやや青味がった色になり

生成りの和紙の上の口紅は、少し黄みがかって見えるはずです。

メイクを選ぶ場合は、上記の色のついた紙がお肌の色となります。

人間の肌って、黄、赤、青など複雑に絡み合った色なので、話がもっと複雑。

なので同じ口紅でもいろんな発色になるのです。

カラー診断の後には、似合われる色のメイク用品をご紹介して

ご希望の方には、ポイントメイクもさせて頂いているのですが、

殆どの方が、「えっえっ、こんな色になるんですね~。分からないものですね~」

と言われます。

メイクカラーの色は、そのままの発色ではなく、

ご自身の肌の色が「足された色」になるということ!そこを見落とされている方が案外多いです。

また、ご自身の肌に、この色味を足すと、この色になる。

それをご存知ない方も、これまた案外多いです。

特に、肌色にメイクカラーを足した時の色の変化って本当に複雑で、

私自身、これに関しては、まだまだ研究していかなくては!と思ってます。

例えば、スプリングの方が、黄みのピンクの口紅をつけられると

なぜか「青味のピンク」に変わったりするものがあるのです。摩訶不思議????

奥が深いメイクの色選びですが、

とにかく、メイクカラーは見たままの発色にはなりません。

自分の肌色とブレンドした色になります!!

なので、口紅を選ばれる際は

ぜひぜひ実際にタッチアッツプして選んでみて下さいね~(*^_^*)

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!

☆春夏スタイルはこちら↓

☆秋冬スタイルはこちら↓