ウェーブがナチュラルの服を着てみたら

骨格タイプを決める要素に

身長・体重は関係ありません。

身長・体重であるていど目安がつくものであれば

簡単なんですけどねー。でもそうではない。

だから自己診断が難しいのです。

 

私の骨格タイプはウェーブですが、身長が高くて肌がダークなので

ショップにいくとよく、ナチュラルタイプの服を進められます。

その昔、骨格タイプを知らなかった時は、

進められるままに何度か「ド・ナチュラル」の服を購入した事も。

ただ、やっぱり着こなせなかったなー

ド・ナチュラルの服ってこんなの↓

 

ちなみにこちらは

骨格タイプナチュラルのアドバイザー湯浅さん。素敵でしょ。

で、私が同じコーデをまるっと着てみました。

ちなみに湯浅さんと私、身長は同じ位。

だけど、こんなんになりました~

 

 

どうですかね?

「ガウンのままコンビニ来てしまいましたけど、何か??」という雰囲気になってませんか?

だらしないし、おしゃれとは程遠い^^;

 身長は同じ位なのに何が違うか?

似合う色?

似合う色は私も湯浅さんもオータム。

ちなみにアウターは、オータムの大好物ブラウンです。だから色ではない。

 

では何が違うのか?

その答えは「骨格」です。

私は身長が高いですが、骨格はさほど強くないので重さに耐えられない。

それがこの見た目の違い。

 

では、ナチュラルでもなく、ウェーブでもなく

ストレートがこれをまるっと着るとどうなるか↓

こちら骨格スタイルアドバイザーのキムラサオリさん。

ストレートタイプです。

ストレートの方が着ると、ウェーブの私が着るほど悪い感じはしません。

そこにはやはり「骨格」の強さが関係してます。

ただ、ウェーブほどは悪くは見えませんが、今度はコートのボリューム感が気になります。

若干着太り感がでてしまって、身体が大きく見える

3タイプ並べるとこんな感じ↓左からストレート、ウェーブ、ナチュラルです。

 

 

同じ服でも着る人が変わると印象がかわるんですよねー

その原因は、身長でも体重でもなく、骨格なのです。

 

ちなみに私、軽~く見える服が得意です。先日のエポカのイベントは

こんな軽~い服を着てました↓

ナチュラルタイプの湯浅さんと私。

身長もあまり変わらず、パーソナルカラーも一緒ですが似合うモノは全然違う。

何を着るかで人の印象って大きく変わりますよね。

だから好きも大切だけど、似合うも大切ってことです。

 

今は、洋服を持つことの意味が、大きく変わろうとしている時代です。

だからこそ、洋服を選ぶ時に

ぶれない情報を持つことが大切だと思うのです。

骨格タイプは太っても痩せても変わりません。

ずっと使える情報です。

ぜひ参考にしてくださいね(*^_^*)

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!