靴はこの3色があればいい

洋服コーデの締め、

全体の印象を大きく左右する小物といえば、

靴とバッグですよね。

とても重要なアイテムだし

洋服とばっちりリンクしていると

とてもまとまって見えるのですが

とはいえ、数を多く持つにも限界があります。

最低限の数で、最大の効果を発揮するためには

どんなものを選べばいいのか

特に靴の色についてまとめてみました!!

 

 

まず最初にあると便利な靴の色は、どんな色の服とでも合いやすい靴です。

具体的には「グレージュ」がベスト。

ポイントはグレーでもなく、ベージュでもなく、グレージュだということ。

グレーもベージュも洋服をある程度限定しますが、

その点グレージュは合う服の色がぐんと広がります。

イエローベースの服も、ブルーベースの服も合います。

 

グレージュのいいところは、肌馴染みがいいので、靴の存在を消してくれるところ。

洋服に色を使った場合、靴まで主張の強い色だと、印象がチグハグに。

そんな時にも、存在を主張しないグレージュの靴だと、印象がまとまります。

逆に、全体をシックにまとめたい時にも、悪目立ちせず、使い勝手が良いです。

2足めは暗めの色。黒い靴が代表です。

黒い靴は、冠婚葬祭でも必要になりますし、

冬場、洋服のトーンが暗い時には、やはり使いやすい色なので、1足あると便利です。

ただ、パーソナルカラーがイエローベースの方は、コーデ的には

黒よりもこげ茶の方が使いやすいです。

 

そして3足めは、アクセントカラーになる色。

どんな色でも、手持ちの服と合わせて、アクセントになる色ならいいのですが

まずおすすめは赤色の靴。

地味なファッションでも、こじゃれたコーデに格上げしてくれます。

色靴に慣れてない方は、まずは赤い靴から!

おすすめですよ!(^^)!

 

洋服もそうですが靴も、

少ない数で回していけると理想的ですよね。

靴は何色を買うとつかえるのかな?と迷われた時の

ご参考になさってくださいー(*^_^*)

 

大手通販セシール様にて、骨格スタイル別ファッションを監修しています。ぜひご覧になってください!!